宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会は、昭和58年に建立された「鎮魂の碑」の奉賛と英霊の顕彰を目的に発足した会です。

宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会

 
事務局:宮崎市大字恒久5799
TEL:080-2783-9473

基地周辺の遺構

中攻用有蓋掩体壕 爆撃機を格納するコンクリート製の壕。 赤江地区に3基、本郷地区に4基現存しています。 第二群機銃砲台の弾薬庫 旧大日本帝国海軍の対空機関銃陣地の弾薬庫

ReadMore

慰霊碑・資料について

ここ宮崎の赤江飛行場は宮崎海軍航空隊(宮崎基地)として、南九州における本土防衛の重要な戦略的基地であった。宮崎基地では、海軍航空隊神風特別攻撃隊を主体としていたが、陸軍の特攻機も在籍部隊として発進していった。とくに陸軍機には海軍の予備学生出身者が、航法士・機長として搭乗し、陸海軍共同の特攻隊が編成されている。 宮崎基地から発進した特攻隊員は全国各都道府県出身者で占め、途中殉職者を含めて385柱の英霊を祀る。併せて宮崎県出身者で宮崎基地以外の基地から発進した特攻隊員または、訓練中の殉職者、戦傷病死者を含めた ...

ReadMore

宮崎基地の沿革

1943年(昭和18年)12月より、陸上攻撃機(双発※エンジン2基の爆撃機)の練習航空隊、宮崎空として開隊した宮崎基地。隊門には2枚の表札があり、右側には「宮崎海軍航空隊」、左側には「赤江航空隊練習部」と記されていた。翌1944年(昭和19年)7月より始まった空地分離(航空隊の移動等の便を良くする為に、基地が固有の航空部隊を持たないこと)により陸攻の練習航空隊は松島へ移動。その後はいくつかの陸攻部隊等が、短期間訓練基地や南方戦線への中継基地として使用した。 1944年(昭和19年)10月には台湾東方沖に接 ...

ReadMore

宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会とは?

宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会(以下、本会という)は、昭和58年に建立された「鎮魂の碑」の奉賛と英霊の顕彰を目的に発足した会です。 慰霊碑には、宮崎基地(赤江飛行場)から飛び立った特攻隊などの英霊385柱と宮崎県出身者で宮崎基地以外の基地から発進した英霊414柱、合計799柱の英霊が合祀されています。 本会では、宮崎特攻基地等に関する歴史の継承、そして英霊の顕彰の火を絶やさないよう活動をしております。 本会会員は、御遺族・旧陸海軍の航空機搭乗員で組織する各会戦友会・地域会員で組織され、本会の目的・趣旨にご賛同い ...

ReadMore

 

 

ロゴ

宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会(以下、本会という)は、昭和58年に建立された「鎮魂の碑」の奉賛と英霊の顕彰を目的に発足した会です。
慰霊碑には、宮崎基地(赤江飛行場)から飛び立った特攻隊などの英霊385柱と宮崎県出身者で宮崎基地以外の基地から発進した英霊414柱、合計799柱の英霊が合祀されています。
本会では、宮崎特攻基地等に関する歴史の継承、そして英霊の顕彰の火を絶やさないよう活動をしております。写真
宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会とは

 

 

 

建立実行委員会 建立期成同盟会 お問合せ

 

宮崎基地の沿革

1943年(昭和18年)12月より、陸上攻撃機(双発※エンジン2基の爆撃機)の練習航空隊、宮崎空として開隊した宮崎基地。隊門には2枚の表札があり、右側には「宮崎海軍航空隊」、左側には「赤江航空隊練習部」と記されていた。翌1944年(昭和19年)7月より始まった空地分離(航空隊の移動等の便を良...
続きを読む

慰霊碑・資料について

ここ宮崎の赤江飛行場は宮崎海軍航空隊(宮崎基地)として、南九州における本土防衛の重要な戦略的基地であった。宮崎基地では、海軍航空隊神風特別攻撃隊を主体としていたが、陸軍の特攻機も在籍部隊として発進していった。とくに陸軍機には海軍の予備学生出身者が、航法士・機長として搭乗し、陸海軍共同の特攻隊が編成されて...
続きを読む

宮崎基地発進の特攻隊

『神風特別攻撃隊 菊水部隊銀河隊』
1945年3月21日 7時45分発進
銀河3機 9柱
『神風特別攻撃隊 第一銀河隊』
1945年3月27日 3時34分~44分発進
銀河5機 15柱
『神風特別攻撃隊 第二銀河隊』
1945年4月2日 4時14分発進
銀河1機 3柱...
続きを読む

基地周辺の遺構

中攻用有蓋掩体壕
爆撃機を格納するコンクリート製の壕。
赤江地区に3基、本郷地区に4基現存しています。第二群機銃砲台の弾薬庫
旧大日本帝国海軍の対空機関銃陣地の弾薬庫...
続きを読む

 

慰霊祭の様子

第25回慰霊祭
第25回慰霊祭
第29回慰霊祭
第29回慰霊祭
第35回慰霊祭
第35回慰霊祭

宮崎市補助事業(地域のお宝発掘・発展・発信事業)

慰霊碑前
慰霊碑前
弾薬庫跡前
弾薬庫跡前
門柱
門柱

その他のパネルはこちら

更新日:

Copyright© 宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会 , 2019 All Rights Reserved.